フィリピン ライブチャットについて

ライブチャットとは、パソコンとWebカメラを使用し、遠隔地にいる対象者同士がインターネットを通して、互いの、もしくは一方からの映像を見ながらチャットを行うビデオチャットのうち、男女のコミュニケーションを主たる目的としたサービスのこと。

技術的にはMacromedia Flash Communication Server、JAVA等が主に用いられ、画像を見ながら音声またはテキストにてチャットが可能である。Webカメラの一般化に伴い、2002年頃から広まった。

概要

ライブチャットは、アダルト系とノンアダルト系の二種に大別できる。 アダルト系は、脱衣などの性的な映像配信が主で、ノンアダルト系はトークによるコミュニケーションが主となる。

代表的なアダルト系ライブチャットとして、「DXLive」「エンジェルライブ」「DMMライブチャットあちゃ」また人妻専門の「マダムとおしゃべり館」「チャットピア」などが挙げられる。 ノンアダルト系ライブチャットは、「マシェリ」「BBchatTV」「ライブでゴーゴー」などが古くから存在する。

現在では業パフォ(通勤チャットレディー)を専門で扱うライブチャットプロダクションというこの業界独特の業種も多数出現し、大手のライブチャットプロダクションが業績を伸ばす一方、さらにそこから無数の代理店が枝分かれしており、チャットレディーの争奪戦を繰り広げている。

歴史

2000年頃から小規模ながらライブチャットサイトが立ち上がり始める[要出典]。当初はWindowsMediaPlayer編集で配信されており、タイムラグが15秒~30秒ほど発生した。その後ガールズオンエアー(通称GOA)というサイトが誕生。Macromedia社(現Adobe社)のFlash Commnication Serverを利用しタイムラグの無いライブチャットを実現。このシステムが一気に普及しライブチャットの火付け役となる。 また、2003年頃からはノンアダルトに特化し、出演女性にとって参加の敷居を低くすることで、多数の登録女性人数を確保するサイトが出現し始めた。

ノンアダルトにおいては、次第に価格競争と女性への報酬高騰合戦を繰り広げシェアを奪い合う形になった。この価格競争により比較的小さいサイトの運営者達は体力が無くなりサイト閉鎖を余儀なくされることになったが、その後、ある程度の価格で落ち着いた。

2006年頃から日本全国のライブチャットプロダクションを軸に女性を確保し規模を拡大しつつある。ライブチャットプロダクションとは、自宅にパソコンが無い女性を出勤させ、2畳ほどの狭い出演ブースにてサイトにログインをするケースがほぼである[要出典]。主に、北海道や東北などでプロダクションが乱立している。なお、プロダクション所属の女性を「業者パフォ(業パフォ)」と呼び、在宅素人女性嗜好の男性ユーザーからは敬遠される傾向にある。2009年1月においてアダルトライブチャットサイトの出演女性のおよそ30%[要出典]はこの業パフォと呼ばれるブースに通勤する女性で成り立っている。

フィリピンインターネット事情
フィリピーナとチャット
フィリピーナに好かれる
フィリピーナと出会う
フィリピンチャットの楽しみ方

ライブチャット初級編

自分のやり方で楽しもう!

ライブチャット入門編

初めに
ライブチャットとは?
普通の女の子が沢山!

その他

出演している女性は当初は日本人だけであったが、世界中と通信できるというインターネットの利点を活かして、2010年現在ではアジア諸国を中心に世界各地の女性がチャットレディとして出演している。

用語

ライブチャットに出演する女性をチャットレディ、男性をチャットボーイと呼ぶ。

関連項目

チャット
チャットレディ
アルバイト編集
インターネット電話編集
VoIP編集
IP電話編集